作家との交流~間美恵~

間美恵

■平成22年5月『間美恵さんの工房』

今週の出張の際、熊本県産山村の間美恵さんの工房へ。
飼い猫では無いが、 いつもこの辺りで、ウロチョロしている猫(チョロちゃん)が、 足を挙げ、「なんかクレ」のポーズでお出迎えしてくれました。

間さんとは、約8年前からのお取引。 2005年、2006年、2009年と、ギャラリーにて個展を開催させて戴き、陶花には間さんファンのお客様が沢山いらっしゃいます。
…ここ産山村には、京都から移り住まれ、12年。大分と熊本の県境の、自然いっぱい過ぎる環境で、作陶活動をされています。

今年、敷地内に、念願のギャラリーを建てられ、作品も大変見やすくなり、また、工房兼自宅前の道路もいつの間にか広く、車が入りやすくなっていました。     

今回は、ちょっとしたお願いで参上した訳ですが、 間さんも何とか受諾してくれ、私も一安心。
(皆様には、8月頃に御報告できそうです)
ついでに、52点の作品を分けて戴きました。
明日より、本店1階にて展示いたしますので、お楽しみに・・・。
間さんの作られる器は、熊本県で採れる良質な磁器土、天草陶石を用いて、亜鉛結晶釉(あえんけっしょうゆう)をかけて焼いています。
基本的に亜鉛の色は白ですが、コバルトや銅などの鉱物を混ぜることで、青や緑などに色が変化します。 結晶釉の起源は古く中国北宋期で、偶然的に焼成されたと言われていますが、当時は再現性に乏しかったようです。 現在、ヨーロッパやアメリカでは、この技法を用いた様々な作品が創られています。
※画像のピンク色の結晶は、マンガンを混ぜています。

陶花について

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ご案内

器のお手入れ
お手元に届いた陶器や磁器を、長く大切に使っていただく為に。
のし・しおりのご案内
内祝いや引出物など承ります。
贈り物に気持ちを込めて。

ご利用ガイド

当サイトについて

特定商取引法に基づく表示

プライバシーポリシー

お問い合わせ

2020年10月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30