作家との交流~三輪廉浩~

三輪廉浩

■平成22年2月『唐津~三輪廉浩の窯』

先週の出張の際、唐津の三輪さんの窯に。
三輪さんは、宮崎県都濃町出身。
現在、唐津にて作陶活動をされています。
窯元での5年間の修行の後、独立して11年、 私と知り合って、もう10年になります。 (あの頃は、お互いに若かったなあ~)
画像は、昔の城跡ではありません。
数年前に、三輪さんが購入した土地(740坪…広すぎ?)に、 3年前ぐらいから、コツコツコツコツ…築いて出来た石垣です。
土盛りをして、石を組み立て、築いていく…
画像のほとんどは、機械を使わず、 人間の動力だけで作り上げたもの(三輪くん1人で…)。
まったく!三輪さんの日展入選の作品より、ビックリです。 (…三輪くん、あなた、石屋でも食べていけるよ!絶対!)

ここは、唐津の鏡山の南側、宇木というところ、土地の横には川が流れ、山も近く、梅や椿も沢山~ 陶芸や子育てには絶好の場所です。
なるべく早く、住居と登り窯を築いて貰いたいものです。

画像は、三輪さんの石垣から、 1キロぐらい登った山の中にある、醍醐の滝。
一つ一つの滝は小さいのですが、連瀑となって一気に30mぐらいを落ちていきます。
遊歩道を歩いて疲れましたが、この森林と、滝の水に癒されました。

さて、画像は、現在の三輪さんの小屋?いや、窯です。11年前に、廃材を集め、やはり、1人で作りあげました。
電気とガス(窯用)以外はありませんので、もちろんトイレもありません。また、唐津では一番標高の高い所にある窯なので、雪が積もると、下界に降りれません(家に帰れません)。
でも、ここから、日展入選作や素晴らしい作品たちが生まれているのです。 三輪さん、これからも期待していますよ。4月の横浜京急での展示会、頑張って下さい。
…ギャラリー陶花では、2010年10月23日(土)より、 三輪さんの6回目の個展を開催いたします。お楽しみに…

陶花について

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ご案内

器のお手入れ
お手元に届いた陶器や磁器を、長く大切に使っていただく為に。
のし・しおりのご案内
内祝いや引出物など承ります。
贈り物に気持ちを込めて。

ご利用ガイド

当サイトについて

特定商取引法に基づく表示

プライバシーポリシー

お問い合わせ

2020年10月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30